So-net無料ブログ作成

2016年さようなら [街の風景]

忘年会とか仕事納の納会とか、苦手なんですが、職場を離れるせいか5年以上なかった忘年会が企画されました。凄くいっぱい来てくれて盛り上がりました。あちこち席を移動し回りました。週末でもなかったのですが2次会にカラオケまで行って終電で帰りました。楽しい忘年会でした。呑んだ勢いで全女子とハグしたらしいのですが、最初と最後しか覚えていません。もったいないことしました。今のところセクハラで訴えられてもいません。仕事納の日も、うちの新人が司会になったので、置き去りで帰るわけにもいかず参加してしまいました。来年いく予定の部署の人たちの暖かい受け入れの言葉もあり、次も頑張ろうと思いました。写真は撮っていないので過去の写真です。阿蘇外輪山から望む阿蘇内牧近辺です。
s_DSC_4107.jpg

そして、何年振りかで年末年始をフルでお休みです。
嫁さんと子供と家族そろって回る寿司やさんに行きました。外食そのものが難しいので簡単には出かけられません。寿司と言っても火を通してあるもので、ウナギとかアナゴ、厚焼き玉子とかになります。
回らない寿司はまだまだ先になると思います。免疫抑制剤が処方されている間は無理なんです。それでも前の日からネット予約して嫁さんは楽しみにしていました。忙しそうな店内は活気があり、ネタも思っていた以上に良かったというのが家族全員の感想です。ただ、寿司って安さだけではなく味に見合った価格設定もありかと思います。労働を安売りするのはやはり貧しくなるように思います。サービスの価値は価格にきちんとONすることが大切です。そういえば、隣のスーパーは3元日はお休みです。できたらみんな正月ぐらい休めばいいのにと思います。24時間営業も本当に必要なんでしょうか?
サービスを安売りするのは疑問があります。サービスは無償ではありません。コストがかかっているのです。それはお客様が負担するべきものです。写真は谷保神宮です。ヤホではなくヤボだそうです。

DSCN2107.jpg 

 大晦日の夜、家族で年越しそばを食べました。嫁さんが作ってくれた天ぷらが美味しかった。子供達はマイペースで生きていて、長男は仕事しならコミケに出店したり忙しい日々を過ごしています。下の子は妻の介護で食事を作ったりしてプーの日々を過ごしています。孫の顔とか見たい気もしますが、仕事もこれから初めての事に取り組むし、普通のパターンというか、テンプレートに乗っかってはいませんが、家族がそろって大晦日に蕎麦を食べる時間を持つというのはとても幸せな事です。
最後に大波乱でしたが、2016年もあと1時間です。皆さんありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。


nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント