So-net無料ブログ作成

2013年6月~9月のドラマ [ドラマ]

Womanをやっと昨日見終わった。半沢直樹という久々に高視聴率のドラマがあったので目立たなかったかもしれない。実は自分もパッとしないタイトルで残念ながら6回以降しか録画しなかった。

妻があまりにも自分に被るので怖いといいつつ見てました。ドラマの中ではドナーが見つかるまでの過程を丁寧に描いていた。一度崩壊した家族の関係がその病気でもう一度家族として再構築されていく。ある程度血液の病気に関しては詳しくなっていて、医療現場もみているので、違うよねぇ!という場面はいくつもあった。だが、それはそれドラマだから、別にリアルでありすぎる必要もないだろう。

日常生活が病気で、非日常の生活になる。そしてそこからまたその非日常が日常へ移行していく。何が一番大切かが明確にわかってしまう。ある意味迷いはない日々となる。それでも抱えている不安と恐怖を、当人も周りも別々の姿で抱え込んでいる。そしてその冷酷な現実は常にそこに居座っている。そんな今の生活とドラマが妙にシンクロした感じでした。

それでも生きていく、とかこのWomanとか主演の女優さんが同じだからかもしれないが、重たいドラマであるがいいドラマだと思う。長女役の女の子が特にとても自然な表情や反応ができる子だった。あざとさの無い後味爽やかな子役に久しぶりに出会えた。

これまでのお気に入りドラマ、仁、踊る大捜査線、HERO、SP、SPEC、流れ星とは違った意味で 心に残るドラマとなった。

ついでに、安堂ロイドが始まった。半沢の後なので前評判は悪かった。特に主演がキムタクという、何も演じてもキムタクにしかならないので期待もしていなかった。でも結構作っている人がSF好きな人であることは初回を見てわかった。小ネタがいっぱいちりばめてある。SFドラマは前田敦子のQ10以来ではないかな? ちょっと面白そうと思ってしまった。役者をもう少し役者として演技の出来る人にしてくれるともっといいのですけどね。
ドラマは脚本と演出そして演技でしょう。

 

 


nice!(8)  コメント(0) 

コスモス満開 [花の歳時記]

い天気でした。二週間前のコスモスの状態から今週あたりが満開ではという事で行ってみました。

 _DSC5244.jpg
はい、ピーカンの天気でコスモス満開といういい日でした。

 

_DSC3107.jpg
公園のおじさんが「やっと満開になりました」と話しかけできた。「人が多いと花を撮るのに邪魔じゃないですか?」
_DSC3076.jpg 
「それなりに撮りようもありますし、人も含めて一つの風景ですしね・・・」
_DSC5260.jpg 
意外な答えだったのだろうか?ちょっと嬉しそうに笑顔で去っていった。
_DSC3038.jpg
良い風景は独り占めしたら申し訳ないでしょう。
_DSC3045.jpg
柿がなってました。いい感じで新しいレンズの描写を確認できました。満足です。
 

nice!(9)  コメント(0)